スマホのバッテリーを長持ちさせる方法にも秘訣があります。

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法を知りたいなんて方も多くいますよね。
日頃スマホを使用していると、どうしてもバッテリーの減りが多くてすぐにバッテリーがなくなってしまうなんて事もあるでしょう。
しかし、ちょっとした事を気を付けることでバッテリーを守ることができます。
バッテリーの減りが早いというのは、やっぱりバッテリー自体が劣化してしまっている可能性があります。
なので、日頃の充電の仕方に注意をしてみてください。
日頃充電をする時に挿しこんだまま放置をしたりしている人は注意をした方がいいかもしれませんよ。
バッテリーのやり方が微妙に分からないなんて方におすすめのものがあります。
バッテリー節約アプリの「バッテリードクター」なのですが、こちらを使用すれば簡単にバッテリーの調整ができるようになりますよ。
やっぱりどのぐらい充電をして使用をしたらなんて感じますよね。
でも、このアプリがあれば自動で調整をしてくれるのでとっても安心できます。
後は、明るさを変えることでバッテリーの節約ができたりもするようですよ。
ちょっと画面をするぐらいだったら気にならないものなのでやってみるのをおすすめしますね。

“安心感あり! UQ mobileの国産ブランド夏スマホ2機種をチェック  ”

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

UQ mobileが2017年夏モデルとしてラインアップするシャープの「AQUOS L2」と京セラの「DIGNO V」(7月中旬発売予定)。防水防塵に加えておサイフケータイに対応するミドルレンジ端末2機種をチェックしました。シャープの「AQUOS L2」はオクタコアのSnapdragon 430とHD解像度(720×1280ドット)のIGZO液晶を搭載するミドルレンジスマホとなっています。2年契約時の実質価格は頭金0円で料金込みの月々の支払いは税抜2138円からです。IPX5/8の防水仕様で低ノイズのIGZO液晶はタッチ精度が高く、ディスプレーが水に濡れていても快適に操作可能なのが嬉しいところです。通信速度は下り最大150MbpsでVoLTEにも対応します。周辺や自分に関連する情報をプッシュ通知する人工知能機能「エモパー」やディスプレー下部のLEDの色や光り方が変化する「ヒカリエモーション」に加えて、ガラケーではおなじみののぞき見ブロック(ペールビュー)、端末を持っている間は画面オフにならない「Bright Keep」などシャープならではの機能も搭載しています。もちろんおサイフケータイにも対応します。

ドコモのおすすめスマホ「Galaxy S8+ SC-03J」の魅力

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

スマートフォンを使用している人の多くは機種変更するときがくると思います。
その機種変更の時はどのようなスマートフォンに変えれば良いのか悩んでしまうでしょう。
そうなった時に参考にしてもらいたいのがドコモのおすすめスマホである「Galaxy S8+ SC-03J」です。
このドコモのおすすめスマホはドコモ史上最大となる約6.2インチの大型ディスプレイを搭載しており、有機ELディスプレイですので動画やゲームなどを大迫力で体験することができます。
また、ドコモスマホ最大級の3,500mAhという大容量バッテリーを搭載していますので動画やゲーム、インターネットなどを思う存分楽しむことができるでしょう。
カメラは約1,220万画素のアウトカメラと約800万画素のインカメラを搭載していますので、撮影が苦手な人や初心者でも綺麗な写真が撮影できると思います。
ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約173gになっていますので、誰でも扱いやすいですしカバンやバッグに入れて気軽に持ち歩くことができますね。
それに、ワンセグやフルセグに対応していますし、ハイレゾ音源にも対応しています。
このようなドコモのおすすめスマホは誰でも快適に使用できるからおすすめスマホと言えます。

工夫が満載!

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

ソニーから発売されているおすすめスマホ、Xperia XZsですが、このスマホのバッテリー機能が色々と工夫されているようです。

まず、バッテリーの持ちが良くなったこと。そしてバッテリー自体の劣化が遅くなったことが挙げられるようです。一度の充電でとにかく長く使えることで、未だスマホの重要ポイントとなっていますよね。それだけ、すぐに電池が無くなっちゃうんですよね~。そして、充電すればするだけバッテリーは劣化していく。きっと私の周囲の女性たちはこんなこと知らないのではないでしょうか、バッテリーが充電の回数によって劣化するなんて。。

今回新発売されたスマホでは、STAMINA機能というものが進化し、「2年経っても快適に使える長生きバッテリーを搭載。」されているそうです。

また、バッテリー切れの時間を予測して教えてくれる機能、充電の最適化機能、そして充電速度を自動調節など、あらゆる方向から充電について工夫を行い、とにかく充電時間を増やすことを重要視しているようです。

スマホのアプリ比較をやってみたら!

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

スマホを持っていると今はアプリでカーナビを使用する方もいるでしょう。
そんなスマホのアプリ比較をしてみました。
やっぱりスマホのアプリでカーナビも色々とあるので悩んでしまいそうですよね。
県外なんかにお出かけをするとなってくると、やっぱり車を使用する方も多いでしょう。
そんな時に必要になってくるのがカーナビのアプリです。
もちろん車なんかについていたりもするのですが、結構スマホのアプリは優れていて見やすいなんて所もあったりします。
なので、スマホアプリを活用する方も結構いたりするんですよね。
そんなカーナビのアプリで人気なのが、「Yahoo! カーナビ」だそうですよ。
まだ利用をした事がないなんて方は使用をしてみるといいかもしれません。
これからお出かけがもっと便利になるかもしれませんね。
カーナビでお出かけをする際はちょっとアプリを入れてみるのもいいかもしれません。
カーナビも種類がある分色々と試してみるのもいいかもしれません。
自分のカーナビアプリのお気に入りを発見してみるのもちょっと楽しいかもしれません。
お出かけがこれからもっともっと便利になって楽にお出かけができそうですね。

“業務とプライベートで同じパスワードを使い回してはいけない “

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

業務システムにログインするために必要なパスワードと、プライベートなパスワードを同じにする(流用する)のは絶対に止めるべきです。本来は、パスワードの使い回し自体が非常に高いリスクを生むのですが、業務用システムのパスワードが自分のせいで流出するようなことになったら大変だからです。実際、こんな事件がありました。ある企業で、入社したばかりの新人が、会社の人事システムにアクセスするパスワードを「業務でも使用するパスワードだからそらで覚えているし、任意の文字列を組み合わせた強固なパスワードなので他でも使おう」と考え、ECサイトなどにログインする複数のアカウントのパスワードにも設定したのです。その後、あるECサイトから会員情報が漏えいする事故があり、「パスワード変更など必要な措置をしてほしい」というメールが届いたのですが、面倒なので放置していたというのです。すると約半年後、自社の人事情報が盗まれるという事故が起きました。ログを分析した結果、この新人のIDから人事システムに侵入されたことが判明したのです。犯人は比較的脆弱な小規模の通販サイトを狙い撃ちして侵入し、この新人の個人情報を入手しました。そしてこのパスワードを利用して、別のサイトやネットバンキング、そして勤務先のネットワークにまで侵入してしまったという訳です。使い回されているパスワードを悪用して攻撃することを「リスト攻撃」といいます。この新人はそこまでの思慮が足りなかったということですね。

SDメモリカードのスピード

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

SDメモリカードには「SDスピードクラス」と「UHSスピードクラス」があります。いずれも、動画撮影のように一定の速度でカードに書き込む際に必要な最低転送速度を、わかりやすくマークで表した規格のことです。このマークには最低転送速度が数字で示されており、数字が大きいほど転送速度が速くなります。どの機器にどのカードを使用してよいかわからない場合は、ご使用の機器のスピードクラスを確認した上で、そのスピードクラスに対応したカードを選ばれるとよいでしょう。スピードクラスの表記以外にも、カードに記載されている最大転送速度の数字もカード選びの参考になります。SDスピードクラスについてですが、最低保証速度2MB/秒の「SDスピードクラス CLASS 2」から最低保証速度10MB/秒の「SDスピードクラス CLASS 10」まで4段階のクラスがあり、ご使用の機器によって必要とされる転送速度が異なります。例えば「SDスピードクラス CLASS 10」は、フルHD動画撮影にも適しています。UHS(Ultra High Speed)はSDHCメモリカード / SDXCメモリカードで利用できるUHSインターフェースのことであり、対応機器で使用すれば高速のパフォーマンスが得られます。UHS-I と UHS-II の2種類があり、理論値ではUHS-I で最大 104MB/秒、UHS-II で最大 312MB/秒のデータ転送が規格化されています。最低限の書き込み速度を保証するUHSスピードクラスには、最低保証速度10MB/秒の「UHSスピードクラス1」と最低保証速度30MB/秒の「UHSスピードクラス3」があります。カードとご使用の機器の両方が、UHSスピードクラスに対応している場合に利用できますが、どちらかが対応していない場合には、SDスピードクラスが適応されます。

スマホの機能を使用できるように

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

今では新学期もスタートしてスマホを持つような機会も増えていていますよね。
そんなスマホなのですが、子供にスマホを持たせてあげるのであれば、できるだけお金は押さえたいというのが本当にですよね。
やっぱりスマホを持つ人数が増えてしまうことで家計を圧迫させてしまいます。
それを解消するために格安スマホを考える方もいるでしょう。
しかし、そんな格安スマホなのですが、やっぱり大手のスマホ会社と違い機能は違う点があります。
特に子供の見守り機能なんかは難しくなってしまいます。
そうなった時におすすめのスマホアプリがあります。
それは見守り機能を利用できるアプリなのです。
いろいろなアプリがある中でこういう見守り機能が付いていれば、格安スマホを持たせるのもいいものですね。
格安スマホもさまざまなものがあり、ちょっと迷ってしまいがちなのですが、こういうアプリが登場すれば格安スマホでも安心して使用ができそうですね。
今では子供が格安スマホを持つというのがかなり増えてきてるようなので、こういった子供の機能を付け加えてあげれば安心して利用できそうです。
見守りアプリを利用してお子さんの安全を守ってあげてくださいね。

最新スマートフォンの「HUAWEI P10」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

注目されている最新スマートフォンの一つに「HUAWEI P10」というものがあります。
この最新スマートフォンは従来機種の「P9」ではなかったことを実現させている魅力的なスマートフォンになっています。
バックカメラだけライカ製でしたが、P10ではインカメラもライカ製になっており、ライカデュアルカメラ2.0を搭載しています。
また、高性能カメラに加え、ダイナミックイルミネーションやポートレートエンハンスメント、ナチュラルボケ効果やハイブリッドズームなどの機能が搭載されています。
だから、どなたでも綺麗な写真や味があって面白い写真などが簡単に撮影できますので良いですね。
ディスプレイは約5.1インチの液晶ディスプレイが採用されていますので、映像やゲーム、インターネットなどを大画面で楽しむことができるでしょう。
カラーバリエーションはハイパーダイヤモンドカット仕上げが施されているダージリン・ゴールド、サンドブラスト加工が施されているグリーン、ローズゴールド、ミスティック・シルバー、グラファイト・ブラック、プレステージ・ゴールド、それに高光沢のセラミックホワイトなどが用意されています。
このような魅力ある最新スマートフォンをすると毎日がすごく楽しくなりそうです。スマートフォン製品ラインアップ

“カメラや電源周りが進化――写真で解説する「Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」 “

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

すでに同名のモデルが海外で発売されているのですが、ドコモのビジネス向けモデルではこれまでのXperiaと同様に同じく日本向けの機能が追加されています。Xperia XZは、5.2型のフルHD(1080×1920ピクセル)液晶と、Qualcomm製のハイエンドプロセッサ「Snapdragon 820(2.2GHz 2コア+1.6GHz 2コア構成)」と3GBメモリを搭載した、Xperia Xシリーズのフラグシップモデルです。ディスプレイがやや大きい点を除けば、プロセッサなどの基本スペックは「Xperia X Performance SO-04H」に近い仕様となっています。新機能として、2300万画素カメラにレーザーAFやRGBC-IRセンサーを搭載していて、X Performanceで省かれていた4K動画撮影も復活しました。USBはType-C端子を採用。2017年3月以降はNTTドコモの下り最大500Mbpsのデータ通信にも対応しています。このほか、指紋認証、フルセグ、おサイフケータイに対応し、IPX5、8/IP6Xの防水/防塵(じん)にも対応しています。バッテリー容量は2900mAhで、本体サイズは、約72(幅)×146(高さ)×8.1(奥行き)mm。重量は161gです。Xperia X Compactは、2015年11月に発売された「Xperia Z5 Compact SO-02H」以来のコンパクトモデルで、本体サイズは横幅65mmのボディーに4.6型のHD(720×1280ピクセル)ディスプレイ搭載とほぼ同じです。メインカメラはXperia XZと同じで、2300万画素カメラにレーザーAFやRGBC-IRセンサーを搭載。USB端子はType-Cを採用します。