スマホのデザインのバットマンが登場

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

スマホもデザインをたくさん工夫されたものがありますよね。
そんな中で、auが「バットマン」デザインの商品を発売するようです。
「Galaxy S7 edge Injustice Edition」なのですが、6月下旬に発売をする予定だそうです。
今まで、「バットマン」のデザインあって見た事がありません。
また、結構デザインがシンプルでカッコいいんです。
「バットマン」のイメージの黒を基調としたデザインとなっていて、持っていてもかっこいだろうなといった感じです。
スマホの裏側には、バットマンのマークがデザインされています。
また、中身もすごくなっています。
スマホカメラは、一眼レフの技術を適用されていて、バッテリー容量もすごくなっていて、かなり進化をしているようです。
ちょっと派手なデザインだと、大人だと持つ方が少なくなりそうです。
しかし、こういったシンプルなデザインにしてくれれば、大人も持ち歩きやすいです。
今でも、「バットマン」ファンはたくさんいると思うので、きっと好きな方はかなり嬉しい商品ですね。
もうすでに、かっこいいといった声も出てきているようです。
どれぐらい人気になってくるのかも注目です。

「写真がグッと上手く見える構図とは?」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

スマホでの撮影テクニックを探求し、SNSでたくさんシェアしてもらう写真を模索するテーマはズバリ「構図」です。景色でも食べ物でも人物でも、被写体をいかにバランス良くフレームに収めるかが良い写真の第一歩なのです。でも、絵心やデザインセンスに通じる感覚的な要素だけに「考えれば考えるほどワカラナイ」と頭を抱えている人も少なくないのではないでしょうか。でも案ずるなかれで、まずはしっかり基本を抑えれば構図は簡単にキマります。iPhoneの場合は「設定」→「写真とカメラ」→「グリッドライン」をオンにすると表示されます。水平線が地平線、あるいは建物やテーブルなど、水平や垂直がビシッとキマっているだけでも写真の印象はアップするもの。そこで便利なのが、スマホカメラに表示されるグリッドラインと呼ばれる補助線です。多くのスマホではタテ、ヨコそれぞれを三等分にした補助線が表示されています。このグリッドは、「三分割法」と呼ばれる、写真や絵画の基本構図なのだそうです。たとえば風景を撮るなら、水平方向のグリッドラインに地平線や水平線をあわせ、さらに人物やビル、太陽といった目を引く被写体をタテヨコのグリッドラインが交わるポイントに配置するだけで、バランスの取れた安定感のある写真を撮ることができるのです。

auのスマホトラブル予報で、梅雨時期のトラブル予測??

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

ジメジメとする梅雨についに突入しましたね。

外はどんより、雨が続いて、洗濯物も乾かずお母さんはイライラ。

道が濡れていて、スーツに泥はねが、、、お父さんもイライラ。

そんなどんよりとした梅雨ですが、スマホが水没する確率が高まっているかも?な予測が出されています。

半分冗談のようなニュースを出しているauの期間限定公開のウェブサービスで「ニッポンのスマホトラブル予報」というサービスがあります。

過去のスマートフォンのトラブル件数、天候、人々の行動データ、時事ニュースなどいろいろな観点から、スマホのトラブルの発生率を算出しています。

暇つぶしの読み物としてはぴったりなサービスではないでyそうか。

さて、そこで出している予報で、梅雨時期ならではの予報が出されています。しかも地方ごとに予報が違うのが面白いところ。

例えば梅雨時期で、大雨の中を急いで帰宅!そのまま洗濯機に服をかけたら、ポケットにスマホが入ったままだった!みたいな内容です。

ちょっとクスリと笑ってしまうような内容もあったりして、でも実際にそういった行動で壊したことがある人もいるはず。

是非日ごろのスマホの取り扱いを心が得るためにも、暇なときにでも読んでみてはいかがでしょうか?

” スマホ音楽のために充電しなければならない意識”

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

スマホ音楽を聞くという時、やっぱり私達はスマートフォン充電のことを意識してしまうものではないでしょうか。モバイルバッテリーを持つというのは当たり前の発想です。しかし、私達はどのようなモバイルバッテリーを持てばいいのか。

電池式がいいというかもしれませんが、充電量が少ないというのが結構使用して気づく大きなデメリットであり、30%程度の充電と思った方がいいかもしれません。そんなので満足できないという人たちももちろん多くいるでしょうし。

だから、充電タイプがいいという人たちが多くいます。 4回充電などタイプを選択すれば、私達は、全然スマートフォン充電問題のリスクから回避できるのではないでしょうか。

しかし充電タイプにもデメリットはあるといいます。スマートフォンも充電しなければならないですし、スマホ充電器も充電しなければならないなんて、何か、より日常生活が窮屈になってしまった感じもあります。

本当に、面倒くさい世の中です。

今さら聞けないスマートフォン講座「スマホカメラの設定を確認しよう」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

今さら聞けないスマートフォン講座「スマホカメラの設定を確認しよう」この時期は出会いと別れの多い季節となり、写真を撮る機会も増えるかと思います。そこで今日は、スマホカメラの設定について改めて紹介します。ピントを合わせたい場所をタップするだけで写真が撮れるなど、スマートフォンでは誰にでも簡単に綺麗な写真を撮ることができますが、カメラの設定を再確認して「より綺麗な写真」を撮っていきましょう。まずは、撮影サイズです。写真の容量をできるだけ減らすために普段は小さいサイズで撮影している…という人もいるかと思いますので、記念撮影の前にはサイズを最大に設定し、写真の編集や大きなサイズの現像にも対応できるように設定しておくことをお勧めします。フラッシュは場所によっては顔が反射しきれいに写らないことがありますので、お好みで設定しておきましょう。HDRというのは明るさの違う写真を数枚撮影し、暗い所は明るめに、明るい所は抑えめに…と言うように、暗い所と明るい所の差を縮めるという機能です。例えば、日差しの強い所では光を抑えて陰になっている場所は明るめに写す、暗い所であればできるだけ明るく写し黒くつぶれるということが抑えられます。
グリッド表示という画面に縦と横の線を表示する機能は、自然と写真を平行に撮る手助けとなりますのでONにしておくことをお勧めします。Androidスマートフォンではカメラを起動しメニューの中から設定できることが多いですが、iPhoneの場合は「設定」→「写真とカメラ」→「グリッド」から設定できます。

“スマートフォンMVNOって何? “

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

格安スマートフォンというものが、判らないのです。価格が安いから、格安スマホがいいというものの、まだまだ不安要素があるから、格安スマホに手が出ないようです。あなたもその一人ではないでしょうか。

せっかくスマートフォンを購入するモチベーションを持つのなら、しっかりしたスマートフォンを持とうという意識があるようです。

大手携帯会社よりも、安くスマートフォンが使えるのがMVNO(仮想移動体通信事業者)のサービスです。MVNOという言葉もメジャーにはなって来ましたが、まだまだMVNOの意味が判らないという人たちが多いです。

総務省が昨年12月にスマートフォンの料金負担の軽減・端末販売の適正化に関する取組方針を公表して、MVNOに対しての追い風が吹いたというのも事実のようです。しかし。

MVNOのサービス普及は、国によって背中を押されてもいるようですが。実質ゼロ円以下での端末販売停止。みなさんの意識は、MVNOに行くはずです。

しかし。

ドコモの新料金プラン=ユーザーに「選べる自由」を提供

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

NTTドコモが6月1日から新料金プランを含めた2つのコースを提供するそう。新しく打ち出したのが「フリーコース」なるもの。これは長期割引が付く2年縛りがなくなる代わりに、料金を据え置く(基本使用料そのまま)というタイプなのだそう。もう1つのコースは、2年毎に契約が更新される従来と同様の「ずっとドコモ割コース」。その名の通り、ずっとドコモ割の対象になります。ドコモは長期割引と組み合わせるか否かで、ユーザーに「選べる自由」を提供するという。これら2つのコースは、行き来も自由なんです。フリーコースに入ったけどやっぱりドコモという方は、ずっとドコモ割コースに変更することができるし、ずっとドコモ割コースのユーザーも2年契約の更新月に移行ができるそう。フリーコースはできたけれど、やはりドコモにとってはずっとドコモ割コースに入って欲しいのが本音でしょう。2年縛りは解約率の低下につながるし、ユーザーの流出を防げますからね。もしもフリーコースを選ぶユーザーが増えれば、解約率も上がってしまいます。が、私の見解ではずっとドコモ割コースを選ぶユーザーは多いと思います。こちらの方が更新の度に「更新ありがとうポイント」(3000ポイント)を受けられるし、一部プランで割引額が増額されるからです。ユーザーにデメリットのないようなプランを打ち出したなぁと感じました。既存ユーザーを大切にするという姿勢は伝わってきますよね。しかもauやソフトバンクはまだ決め手となる対抗策を打ち出せていない状況です。今が勝負の時…?大手キャリアの間で大きく差が開く時期かもしれませんね。

複数台キャンペーンをWebでも開催中!

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

TUTAYAのTONEの複数台キャンペーンがネットでも始まったそうです。法人向けのスマートフォンとしても利用されているTSUTAYAのスマホですが、お店で2台以上一緒に契約をすると契約時の手数料3,240円が無料になる、というキャンペーンが開催されていたんですが、これが好評だったことからお店だけではなくてネット上で契約してもこのキャンペーンが適用されることになったそうです。

なんてったってTONEの基本料金は毎月1,000円。最初に端末代が2万か3万かかりますが、これも大手キャリアのスマホに比べたら全然安いですよね。そして毎月の料金は1,000円!そしてキャンペーンを使ったら事務手数料3,000円までサービスされるなんて。。

ということは、逆に言うとTONEってすごく売れているということなんでしょうね~。毎月の料金もさることながら、アフターサービスや通信の良さも影響しているのかも。アフターサービスにおいては、お店でもネットでも遠隔サービスなどもやっているそうですし、通信はドコモの回線を使っているので安心感があります。これだったら、法人向けでも十分ですよね。

” スマホCPU ハイスペックスマホは必要? “

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

私達はスマホCPUに対しても、より高いもの、より高いものという感じで求めてしまう訳ですが、本当に、そんなレベルの高いスマートフォンは必要なのでしょうか。そして、そのようなスマートフォンを購入しなければならないから、私達は、高いお金を支払いしなければならないのです。

iPhone 6 Plusは搭載メモリ容量によりますが、10万円前後の価格なのです。10万円の機械なんてやっぱり高いですよ、今時。とはいうものの、パソコンの出たては、50万円クラスのものを頑張って購入していた訳ですから、きっと、もうちょっと価格の高いスマートフォンが登場すれば、高いから凄いだろうということで、間違いなく購入する人たちがいるでしょうね。

現状、ハイスペックスマホと呼ばれるスマートフォンが8万円~10万円で販売しているものであり、クアッド(4)コアから、2GB~、16GB~128GB、1000万画素以上~、フルHD~という感じのスマートフォンです。

私は、スマートフォンを使用している人たちのほとんどは、ミドルスペックの使い方しか出来てないと思うのです。

スマホカメラの上手な撮り方!おしゃれな写真を撮る秘訣

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

最近ではスマートフォンが普及して、誰でもいつでも気軽に写真が撮れるようになりました。ツイッターやフェイスブックに投稿したり、写真SNSなどで写真を共有したりすることで、写真がとても身近なものになりました。そうはいっても簡単に撮れるようになった反面、自分が撮った写真がどうもカッコ良くないとか面白味のない記録用写真にしか見えなかったりしていないでしょうか?今回は、ちょっとの工夫でスマホで撮る写真を劇的にオシャレに見せる秘訣をお教えます。レンズの皮脂や指紋を綺麗に拭き取ることです。スマホで写真を撮った時、いつも何故か白っぽく写ったり、写真がぼんやり写ったり、光がスジ状に伸びて写ったりすることはないでしょうか?その原因のほとんどは、レンズに皮脂や指紋が付いていることで起こるのです。ですので、スマホで写真を撮る前には必ずレンズを良く良く拭いてから撮るクセを付けるようにしましょう。これがスマホできれいな写真を撮る大前提なのです。良く拭くといっても、手で拭いてしまうとまた皮脂や指紋が付いてしまうので、せめて着ている服とかきれいな布で拭くのが良いでしょう。こうすることで、写真が白っぽくなったりすることを防ぐことが出来るのです。