SDメモリカードのスピード

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

SDメモリカードには「SDスピードクラス」と「UHSスピードクラス」があります。いずれも、動画撮影のように一定の速度でカードに書き込む際に必要な最低転送速度を、わかりやすくマークで表した規格のことです。このマークには最低転送速度が数字で示されており、数字が大きいほど転送速度が速くなります。どの機器にどのカードを使用してよいかわからない場合は、ご使用の機器のスピードクラスを確認した上で、そのスピードクラスに対応したカードを選ばれるとよいでしょう。スピードクラスの表記以外にも、カードに記載されている最大転送速度の数字もカード選びの参考になります。SDスピードクラスについてですが、最低保証速度2MB/秒の「SDスピードクラス CLASS 2」から最低保証速度10MB/秒の「SDスピードクラス CLASS 10」まで4段階のクラスがあり、ご使用の機器によって必要とされる転送速度が異なります。例えば「SDスピードクラス CLASS 10」は、フルHD動画撮影にも適しています。UHS(Ultra High Speed)はSDHCメモリカード / SDXCメモリカードで利用できるUHSインターフェースのことであり、対応機器で使用すれば高速のパフォーマンスが得られます。UHS-I と UHS-II の2種類があり、理論値ではUHS-I で最大 104MB/秒、UHS-II で最大 312MB/秒のデータ転送が規格化されています。最低限の書き込み速度を保証するUHSスピードクラスには、最低保証速度10MB/秒の「UHSスピードクラス1」と最低保証速度30MB/秒の「UHSスピードクラス3」があります。カードとご使用の機器の両方が、UHSスピードクラスに対応している場合に利用できますが、どちらかが対応していない場合には、SDスピードクラスが適応されます。

スマホの機能を使用できるように

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

今では新学期もスタートしてスマホを持つような機会も増えていていますよね。
そんなスマホなのですが、子供にスマホを持たせてあげるのであれば、できるだけお金は押さえたいというのが本当にですよね。
やっぱりスマホを持つ人数が増えてしまうことで家計を圧迫させてしまいます。
それを解消するために格安スマホを考える方もいるでしょう。
しかし、そんな格安スマホなのですが、やっぱり大手のスマホ会社と違い機能は違う点があります。
特に子供の見守り機能なんかは難しくなってしまいます。
そうなった時におすすめのスマホアプリがあります。
それは見守り機能を利用できるアプリなのです。
いろいろなアプリがある中でこういう見守り機能が付いていれば、格安スマホを持たせるのもいいものですね。
格安スマホもさまざまなものがあり、ちょっと迷ってしまいがちなのですが、こういうアプリが登場すれば格安スマホでも安心して使用ができそうですね。
今では子供が格安スマホを持つというのがかなり増えてきてるようなので、こういった子供の機能を付け加えてあげれば安心して利用できそうです。
見守りアプリを利用してお子さんの安全を守ってあげてくださいね。

最新スマートフォンの「HUAWEI P10」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

注目されている最新スマートフォンの一つに「HUAWEI P10」というものがあります。
この最新スマートフォンは従来機種の「P9」ではなかったことを実現させている魅力的なスマートフォンになっています。
バックカメラだけライカ製でしたが、P10ではインカメラもライカ製になっており、ライカデュアルカメラ2.0を搭載しています。
また、高性能カメラに加え、ダイナミックイルミネーションやポートレートエンハンスメント、ナチュラルボケ効果やハイブリッドズームなどの機能が搭載されています。
だから、どなたでも綺麗な写真や味があって面白い写真などが簡単に撮影できますので良いですね。
ディスプレイは約5.1インチの液晶ディスプレイが採用されていますので、映像やゲーム、インターネットなどを大画面で楽しむことができるでしょう。
カラーバリエーションはハイパーダイヤモンドカット仕上げが施されているダージリン・ゴールド、サンドブラスト加工が施されているグリーン、ローズゴールド、ミスティック・シルバー、グラファイト・ブラック、プレステージ・ゴールド、それに高光沢のセラミックホワイトなどが用意されています。
このような魅力ある最新スマートフォンをすると毎日がすごく楽しくなりそうです。スマートフォン製品ラインアップ

“カメラや電源周りが進化――写真で解説する「Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」 “

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

すでに同名のモデルが海外で発売されているのですが、ドコモのビジネス向けモデルではこれまでのXperiaと同様に同じく日本向けの機能が追加されています。Xperia XZは、5.2型のフルHD(1080×1920ピクセル)液晶と、Qualcomm製のハイエンドプロセッサ「Snapdragon 820(2.2GHz 2コア+1.6GHz 2コア構成)」と3GBメモリを搭載した、Xperia Xシリーズのフラグシップモデルです。ディスプレイがやや大きい点を除けば、プロセッサなどの基本スペックは「Xperia X Performance SO-04H」に近い仕様となっています。新機能として、2300万画素カメラにレーザーAFやRGBC-IRセンサーを搭載していて、X Performanceで省かれていた4K動画撮影も復活しました。USBはType-C端子を採用。2017年3月以降はNTTドコモの下り最大500Mbpsのデータ通信にも対応しています。このほか、指紋認証、フルセグ、おサイフケータイに対応し、IPX5、8/IP6Xの防水/防塵(じん)にも対応しています。バッテリー容量は2900mAhで、本体サイズは、約72(幅)×146(高さ)×8.1(奥行き)mm。重量は161gです。Xperia X Compactは、2015年11月に発売された「Xperia Z5 Compact SO-02H」以来のコンパクトモデルで、本体サイズは横幅65mmのボディーに4.6型のHD(720×1280ピクセル)ディスプレイ搭載とほぼ同じです。メインカメラはXperia XZと同じで、2300万画素カメラにレーザーAFやRGBC-IRセンサーを搭載。USB端子はType-Cを採用します。

楽天モバイル、高音質再生に特化したオンキヨーのハイレゾスマホを販売

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

楽天は、モバイル通信サービス「楽天モバイル」で、オンキヨーパイオニアイノベーションズ製スマートフォン「GRANBEAT」と「楽天モバイル」のSIMカードとのセット販売を2月下旬に開始します。端末販売価格は、税別で一括払いなら8万4800円、分割払いなら3816円×24回となります。「GRANBEAT」は、オーディオ機能に特化したAndroidスマートフォンです。ヘッドホン用のフルバランス駆動回路とバランス出力端子を備えており、バランス接続対応ヘッドホン/イヤホンを接続することで、ハイレゾ音源を再生できるほか、非ハイレゾ音源の高音質で再生することができます。バランス駆動回路には、オーディオメーカーであるオンキヨーパイオニアならではのノウハウを注ぎ込んだオーディオ基板を専用に設計し、業界最高水準のDACとアンプを搭載したのです。CPUにはヘキサコアのQualcomm MSM8956を採用。5インチIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、メモリ3GB、128GBのストレージ、HDR撮影や4K動画撮影に対応した1600万画素カメラなど、通常のスマートフォンとしても充実した高いスペックをもちます。2基のnanoSIMスロットを搭載し、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応しているのです。バッテリ容量は3000mAh。サイズは幅72.0×高さ142.3×奥行き11.9mmで、重さは約234g。カラーはブラックのみとなります。
www.samsung.com/jp

スマートフォンのトラブルが、、、、、

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

スマートフォンも今は、多くの方が長時間使用をしている状況でもありますよね。
そんな状況だと、やっぱり体に悪い影響も与えてしまう可能性はたくさんあります。
スマートフォンを長時間使用する方が増えている中であるものが注目されているようですよ。
それは、「リカバリーウェア」なのですが、肩こりや目の疲れを改善するというもので人気が出てきている商品です。
日頃スマホを長時間使えば、やっぱり目の疲れが出てきてしまいます。
そして、スマホを見る体制が悪ければ肩こりが出てくるものなんです。
「リカバリーウェア」が中には、ナノプラチナなどを生地に入れることで、肩こりや目の疲れを軽減してくれる働きがあるようなのです。
スマホを長時間使用しなければいいのですが、やっぱりスマホを使っていたらついつい長時間でなんて方もいますよね。
そんな時は、このような「リカバリーウェア」を愛用してみるのもいいと思います。
肩コリや目の疲れで生活の中で支障があるのもよくありません。
このようなスマホを使った時のトラブルに活用をしてみてくださいね。
また、アイマスクなんかも、目の疲れを取りリラックス効果も得られるそうなので結構おすすめだそうですよ。スマートフォン製品一覧 | Galaxy

最新スマートフォンの「AQUOS L」とは?

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

最新スマートフォンの「AQUOS L」はUQコミュニケーションズのUQ mobileブランドとして販売されているスマートフォンです。
この最新スマートフォンは前面パネルに強化ガラスを採用していますし、IPX5/8の防水機能やIP6Xの防塵機能を搭載していますので、どなたでも安心して使用できるスマートフォンだと思います。
ディスプレイは5型IGZO HD液晶を装備していますので大画面でネット閲覧や様々な機能を楽しむことができるでしょう。
ボディサイズは高さ約143ミリ、幅約71ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約137gになっています。
カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ピンクの3色が用意されています。
気になるバッテリー容量は2700mAhもありますので、普通の日常生活なら電池切れになることはないと思います。
カメラは約1310万画素のアウトカメラと約500万画素の広角インカメラを搭載していますので、自撮りやグループショットなども綺麗に撮ることができるでしょう。
また、便利な機能として「エモパー」が搭載されています。
このエモパーは話しかけると答えてくれますし、話せば話すほど使用する人を理解する仕組みになっていますので、楽しみながら色々なことに役立つと思います。
こうした最新スマートフォンはおサイフケータイにも対応していますので便利ですね。

最新スマートフォンの「AQUOS L」とは?

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

最新スマートフォンの「AQUOS L」はUQコミュニケーションズのUQ mobileブランドとして販売されているスマートフォンです。
この最新スマートフォンは前面パネルに強化ガラスを採用していますし、IPX5/8の防水機能やIP6Xの防塵機能を搭載していますので、どなたでも安心して使用できるスマートフォンだと思います。
ディスプレイは5型IGZO HD液晶を装備していますので大画面でネット閲覧や様々な機能を楽しむことができるでしょう。
ボディサイズは高さ約143ミリ、幅約71ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約137gになっています。
カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ピンクの3色が用意されています。
気になるバッテリー容量は2700mAhもありますので、普通の日常生活なら電池切れになることはないと思います。
カメラは約1310万画素のアウトカメラと約500万画素の広角インカメラを搭載していますので、自撮りやグループショットなども綺麗に撮ることができるでしょう。
また、便利な機能として「エモパー」が搭載されています。
このエモパーは話しかけると答えてくれますし、話せば話すほど使用する人を理解する仕組みになっていますので、楽しみながら色々なことに役立つと思います。
こうした最新スマートフォンはおサイフケータイにも対応していますので便利ですね。

左右独立のフルワイヤレス・スポーツイヤホン「Jabra Elite Sport」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

GNネットコムジャパンは、左右が完全に独立したワイヤレス・スポーツイヤホン「Jabra Elite Sport」を2017年1月下旬に発売します。Bluetooth接続のイヤホンで、片耳、両耳のどちらのスタイルでも利用できるようになっています。スポーツイヤホンとして、精度90%以上という心拍計機能を内蔵しているほか、防水、防汗性能などに対応しています。アプリと連動して最大酸素摂取量などを測定でき、音声ガイドとあわせて先進的なフィットネスプログラムやリカバリープログラムなどを利用できます。アプリ「Jabra Sport Life」はAndroid、iOSに対応しています。音楽の再生時には、ボタンひとつで周囲の音を聞けるようにする「Hear Through」(ヒア スルー)機能を搭載し、スマートフォンと連携した通話にも対応していて、左右に搭載されたマイクを利用した雑音低減機能や、音声コントロール機能による着信応答などが可能となっています。防水性能はIP67に準拠しています。通常のメーカー保証は1年間で、発汗が原因の故障については、アプリからユーザー登録を行うことで2年の保証の延長(合計3年間)が可能になっています。内蔵バッテリーによる駆動時間は、最大約3時間で、充電ができるバッテリー内蔵型ポータブルケースがパッケージに同梱され、このケースでイヤホンを2回、満充電にできるようになっています。

SDカードの寿命 Android アプリ

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

SDカードで寿命を測ることができる Android アプリができました。ここでいう寿命は後で説明しますが、どのSDカードでも図ることができるわけではありません。測ることができるように設計されているSDカードのみです。測ることができる細工がされているSDカードは実は種類がそれなりにあるのですが、実は一般的な市場には出てきていません。特殊用途向けなどで使われているのです。しかし、業務向けでなくても使いたい一般的な人は多くいるはずです。たとえば、家で監視カメラを使っていていつ壊れるのか心配なので寿命を先に知りたいとか、ラズパイで24時間止めずに使っているので、壊れるのはいつかを知りたいなど、カメラでしか使ってない人ならば別でしょうが、特に長時間使っている人にとっては、欲しいと思っている場合が多いはずです。先に、TransferJetアプリの説明をしますと、Androidアプリで、4.1.X以降に対応しているのですが、On The Go (OTG)対応のスマートフォンのみとなっています。カードリーダは、市販のSanDiskのカードリーダーで、型番は特定の物だけとなっています。あとは、カードリーダと、スマートフォンを接続するためのOTG対応のUSBケーブルが必要となります。