あるようで無かった機能Focus Mode

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

“Focus Modeは、起動してしまう可能性のあるアプリは、「ONにするまでは使用できない」ようにしてくれる機能です。
起動してしまう可能性のあるアプリというのは、中には、中毒性の高いアプリも含まれるので、Focus Modeのような新機能を好むユーザーも増えてきました。というのも、今ではスマートフォンの利用方法だけでなく、中毒性を危惧する人が増えてきているからです。
中毒性の高いアプリは、本人がインストールしなければ良いという意見もありますが、中には、交流のためにアプリをインストールするケースもあるので、一概にユーザーが悪いとは言いづらい状況にあります。有名なアプリではSNS関連が該当し、そんな状況を少しでも良くするために、あえてFocus Modeを導入したいという意見もあるのです。
ちなみに、Focus Modeのような機能は他にも存在し、Android Pieでは、「Digital Wellbeing」が有名です。”

話題の新技術を詰め込んでいる「Galaxy S10(SCV41)」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

“Samsung(サムスン)のスマートフォンとして有名な、Galaxyシリーズですが、2019年5月23日にリリースされる予定の新機種として、Galaxy S10(SCV41)の注目度が上がっています。
Galaxy S10(SCV41)は、同時に発売されるGalaxy S10+(SCV42)も注目されているのですが、通常の利用を想定している人は、Galaxy S10(SCV41)で問題ありません。というのもGalaxy S10(SCV41)には、アウトカメラにトリプルレンズカメラが採用されていて、AI搭載カメラ機能によりプロのような最適化も可能となっているからです。
AI搭載スマートフォンというと、スケジュールの最適化が有名なのですが、世界レベルのスマートフォンではバッテリー、写真撮影、設定の最適化を自動で行ってくれる最新技術も導入されています。しかもGalaxy S10(SCV41)は、搭載されているCPUが「CPUでは最高峰とされるSnapdragon855」、「メモリーRAM8GB」のため、最高水準のスマートフォンに仕上がっているのは確かです。”

これからの格安スマホにちょうど良い「HUAWEI nova lite 3」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

“若者だけでなく、今では、中高年の方もスマートフォンを所持するようになりました。
スマートフォンの普及率についても、過去では30%未満だったのですが、今では80%を超えているような状況です。そのため、インターネット上の評判も参考にして、スマートフォンを購入する人も増えているのですが、今では、HUAWEI nova lite 3のようなスマートフォンが大人気です。
HUAWEI nova lite 3の特徴は、「価格が2万円台、ストレージが32GBでメモリが3GB」となっているところでしょう。従来のスマートフォンに比べて、価格帯で比較すると機能が多い、スペックも悪くないという、コストパフォーマンス抜群の格安スマホとなっています。
しかもHUAWEI nova lite 3は、「6.21インチのフルHDディスプレイを搭載」しているため、ディスプレイが弱いわけではありません。そのため、HUAWEIの中でもバランスの良いスマートフォンを探している場合は、HUAWEI nova lite 3がオススメです。”

スマートフォンで重要なオーディオ性能ってなに?

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

“最新機種のandroid端末であっても、基本的にオーディオ性能が良くないとされているものは、購入しないほうが良いかもしれません。
というのも、「ノイズキャンセリング」のように、周囲の騒音を減らしてくれる機能が、あまり向上していない可能性があるからです。他にも、「イヤホンジャック」があるかどうかもチェックしたほうが良いでしょう。
有線イヤホンを使用する場合は、イヤホンジャックが重要となってきます。また、多機能を謳っている高性能スマートフォンを購入する場合、「バッテリー容量」をチェックしたほうが良いです。
android端末というのは、最新機種に近づくほどオーディオ性能が向上している、バッテリー容量が増えているという特徴があり、「高速充電に対応している」ものも増えているのです。これらのポイントをおさえていない場合は、使い勝手が良くないスマートフォンかもしれません。
これでは満足のいくスマートフォンにならないため、これらにも注意したほうが良いのです。”

話題のHUAWEIはどんなスマートフォンを開発している?

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

“良くテレビやインターネットで見ることの多いHUAWEIですが、HUAWEIは、1987年に設立された中国の会社です。
今では、HUAWEIはスマートフォン開発に力を入れている・・・、このようなイメージもありますが、元々は、通信事業者向けネットワーク事業などを手がけている企業なのです。現在のHUAWEIは、世界規模で見ても大企業であることがわかりますし、その影響で、テレビやインターネットを通じて知られることが増えてきました。
そんなHUAWEIは、最近になって高性能なスマートフォンの開発に成功しました。その影響で、HUAWEIはシェアの拡大にも成功したのです。話題のHUAWEIは、スマートフォン開発だけでなく、今では5G通信についても力を入れるようになりました。
5Gのサービスについては、アメリカ、中国、韓国などが注目されているのですが、中国の場合は、5Gだけでなく、HUAWEIの最新機種「Mate 20 Pro」のような、若者の心を掴むようなスマートフォンの開発でも成功を収めています。”

上位モデルの「ZenFone 5Z」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

“人気のスマートフォンを探しているのであれば、ZenFone 5Zがオススメです。
ZenFone 5Zは、ZenFone 5の上位モデルとして開発されているスマートフォンで、上位モデルが存在するということは、以前のモデルについても人気があったためです。ZenFone 5からの変更点ですが、ZenFone 5Zは、GPU性能と呼ばれるグラフィック処理性能が上がりました。
そのためZenFone 5では難しい、処理が重いゲームについても、ZenFone 5Zであればサクサクと処理できるようになっています。スマートフォンのゲームアプリは、以前に比べて多機能化が進んでいるだけでなく、ゲームグラフィックの向上も著しいです。
最新作のゲームアプリが気になっているのであれば、ZenFone 5Zを選択すると良いでしょう。しかもZenFone 5Zは、デュアルスピーカーを搭載しているため、臨場感あるゲームプレイが可能となっています。”

ミドルレンジモデルではないエントリーモデルってなに?

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

“人気のスマートフォンを探していると、エントリーモデルの情報を見つけることもあります。
ですが、ハイエンドモデル、ミドルレンジモデルのスマートフォンとは別物なので注意してください。エントリーモデルとは、インターネットの利用を前提としているモデルのことで、スマートフォンに最低限のスペックのみを要求している人であれば、エントリーモデルと相性が良いとなります。
エントリーモデルの特徴として、最新のOS、CPU、カメラ性能を設けていないので、こちらに注意して購入するようにしましょう。ミドルレンジモデル以上であれば、最新のOS、CPU、カメラ性能にこだわってくれるのですが、エントリーモデルはWeb閲覧、メール、LINEを利用する人が購入するようなモデルです。
あくまでもライトユーザー向けスマートフォンとなっているので、多機能のエントリーモデルも存在しないのです。その代わりに低価格で購入することができます。”

「かんたんスマホ705KC」のスペックとは?

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

かんたんスマホのスペックが気になる方も多いと思います。かんたんスマホは、スマホ初心者の方でも手軽に使えるだけであって性能も良好です。片手でも簡単に持てる5.0インチ、142gと軽量、バッテリー容量も2600mAhあるので、インターネット検索はもちろん動画をみたり、ニュースを見る程度なら十分です。ROM容量も32GBあるので、撮った写真や動画を保存する程度ならこちらも文句なしです。カメラの画素数は、メインカメラが1500万画素、サブカメラが500万画素あるのでこちらも綺麗な画像が撮れますし、カメラで思い出を残したい方にもおすすめです。お財布携帯には対応していませんが、ワンセグのテレビは対応しているので外出先でもテレビを楽しみたい方、簡単に使えて便利なスマホをお探しの方におすすめです。2019年8月に発売された京セラの「かんたんスマホ」は、デザインもシンプルで使いやすく操作ボタンが大きめなので初めての方でも使いやすいです。https://www.galaxymobile.jp/smartphones/docomo/

格安スマホの注意点!フルセグ、ワンセグ対応のスマートフォン

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

“フルセグ、ワンセグ機能は、「テレビ放送の視聴」において重要な機能です。
そのため、スマートフォン以前の携帯電話でも、ワンセグ対応の携帯電話というテレビコマーシャルが何度も放送されていました。その影響もあり、今ではフルセグ、ワンセグ対応のスマートフォンが多数となっています。
ですが、多数となっているだけなので、100%すべてのスマートフォンで対応しているわけではありません。例えば、格安スマホと言われているスマートフォンの一部は、フルセグ、ワンセグ対応を行っていないのです。
スマートフォンの利用時に、テレビ視聴をすることができない悩みを抱えている人もいるのですが、このような人ほど、フルセグ、ワンセグは標準装備だと勘違いしています。また、どうして格安スマホでは対応していないことが多いのかというと、それは、世界に合わせてスマートフォンの仕様を統一しているからです。
国内に準拠しているわけではないので、機能が欠けている格安スマホもあります。”

スマートフォンの「arrows M03」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

“使いやすくて美しいデザインを採用し、電池もち約3日間という大容量バッテリーやあらゆる場所で安心して使える防水機能や防塵機能なども搭載しているスマートフォンが「arrows M03」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、ピンク、シャンパンゴールド、グリーンの5色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約141gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8916クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで、バッテリーは安心の2580mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、カメラは約1310万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには最高峰の日本語入力システムや安心して使える防水機能や防塵機能などが付いています。”