“カメラや電源周りが進化――写真で解説する「Xperia XZ SO-01J」「Xperia X Compact SO-02J」 “

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

すでに同名のモデルが海外で発売されているのですが、ドコモのビジネス向けモデルではこれまでのXperiaと同様に同じく日本向けの機能が追加されています。Xperia XZは、5.2型のフルHD(1080×1920ピクセル)液晶と、Qualcomm製のハイエンドプロセッサ「Snapdragon 820(2.2GHz 2コア+1.6GHz 2コア構成)」と3GBメモリを搭載した、Xperia Xシリーズのフラグシップモデルです。ディスプレイがやや大きい点を除けば、プロセッサなどの基本スペックは「Xperia X Performance SO-04H」に近い仕様となっています。新機能として、2300万画素カメラにレーザーAFやRGBC-IRセンサーを搭載していて、X Performanceで省かれていた4K動画撮影も復活しました。USBはType-C端子を採用。2017年3月以降はNTTドコモの下り最大500Mbpsのデータ通信にも対応しています。このほか、指紋認証、フルセグ、おサイフケータイに対応し、IPX5、8/IP6Xの防水/防塵(じん)にも対応しています。バッテリー容量は2900mAhで、本体サイズは、約72(幅)×146(高さ)×8.1(奥行き)mm。重量は161gです。Xperia X Compactは、2015年11月に発売された「Xperia Z5 Compact SO-02H」以来のコンパクトモデルで、本体サイズは横幅65mmのボディーに4.6型のHD(720×1280ピクセル)ディスプレイ搭載とほぼ同じです。メインカメラはXperia XZと同じで、2300万画素カメラにレーザーAFやRGBC-IRセンサーを搭載。USB端子はType-Cを採用します。

楽天モバイル、高音質再生に特化したオンキヨーのハイレゾスマホを販売

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

楽天は、モバイル通信サービス「楽天モバイル」で、オンキヨーパイオニアイノベーションズ製スマートフォン「GRANBEAT」と「楽天モバイル」のSIMカードとのセット販売を2月下旬に開始します。端末販売価格は、税別で一括払いなら8万4800円、分割払いなら3816円×24回となります。「GRANBEAT」は、オーディオ機能に特化したAndroidスマートフォンです。ヘッドホン用のフルバランス駆動回路とバランス出力端子を備えており、バランス接続対応ヘッドホン/イヤホンを接続することで、ハイレゾ音源を再生できるほか、非ハイレゾ音源の高音質で再生することができます。バランス駆動回路には、オーディオメーカーであるオンキヨーパイオニアならではのノウハウを注ぎ込んだオーディオ基板を専用に設計し、業界最高水準のDACとアンプを搭載したのです。CPUにはヘキサコアのQualcomm MSM8956を採用。5インチIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、メモリ3GB、128GBのストレージ、HDR撮影や4K動画撮影に対応した1600万画素カメラなど、通常のスマートフォンとしても充実した高いスペックをもちます。2基のnanoSIMスロットを搭載し、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応しているのです。バッテリ容量は3000mAh。サイズは幅72.0×高さ142.3×奥行き11.9mmで、重さは約234g。カラーはブラックのみとなります。
www.samsung.com/jp

スマートフォンのトラブルが、、、、、

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

スマートフォンも今は、多くの方が長時間使用をしている状況でもありますよね。
そんな状況だと、やっぱり体に悪い影響も与えてしまう可能性はたくさんあります。
スマートフォンを長時間使用する方が増えている中であるものが注目されているようですよ。
それは、「リカバリーウェア」なのですが、肩こりや目の疲れを改善するというもので人気が出てきている商品です。
日頃スマホを長時間使えば、やっぱり目の疲れが出てきてしまいます。
そして、スマホを見る体制が悪ければ肩こりが出てくるものなんです。
「リカバリーウェア」が中には、ナノプラチナなどを生地に入れることで、肩こりや目の疲れを軽減してくれる働きがあるようなのです。
スマホを長時間使用しなければいいのですが、やっぱりスマホを使っていたらついつい長時間でなんて方もいますよね。
そんな時は、このような「リカバリーウェア」を愛用してみるのもいいと思います。
肩コリや目の疲れで生活の中で支障があるのもよくありません。
このようなスマホを使った時のトラブルに活用をしてみてくださいね。
また、アイマスクなんかも、目の疲れを取りリラックス効果も得られるそうなので結構おすすめだそうですよ。スマートフォン製品一覧 | Galaxy

最新スマートフォンの「AQUOS L」とは?

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

最新スマートフォンの「AQUOS L」はUQコミュニケーションズのUQ mobileブランドとして販売されているスマートフォンです。
この最新スマートフォンは前面パネルに強化ガラスを採用していますし、IPX5/8の防水機能やIP6Xの防塵機能を搭載していますので、どなたでも安心して使用できるスマートフォンだと思います。
ディスプレイは5型IGZO HD液晶を装備していますので大画面でネット閲覧や様々な機能を楽しむことができるでしょう。
ボディサイズは高さ約143ミリ、幅約71ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約137gになっています。
カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ピンクの3色が用意されています。
気になるバッテリー容量は2700mAhもありますので、普通の日常生活なら電池切れになることはないと思います。
カメラは約1310万画素のアウトカメラと約500万画素の広角インカメラを搭載していますので、自撮りやグループショットなども綺麗に撮ることができるでしょう。
また、便利な機能として「エモパー」が搭載されています。
このエモパーは話しかけると答えてくれますし、話せば話すほど使用する人を理解する仕組みになっていますので、楽しみながら色々なことに役立つと思います。
こうした最新スマートフォンはおサイフケータイにも対応していますので便利ですね。

最新スマートフォンの「AQUOS L」とは?

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

最新スマートフォンの「AQUOS L」はUQコミュニケーションズのUQ mobileブランドとして販売されているスマートフォンです。
この最新スマートフォンは前面パネルに強化ガラスを採用していますし、IPX5/8の防水機能やIP6Xの防塵機能を搭載していますので、どなたでも安心して使用できるスマートフォンだと思います。
ディスプレイは5型IGZO HD液晶を装備していますので大画面でネット閲覧や様々な機能を楽しむことができるでしょう。
ボディサイズは高さ約143ミリ、幅約71ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約137gになっています。
カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ピンクの3色が用意されています。
気になるバッテリー容量は2700mAhもありますので、普通の日常生活なら電池切れになることはないと思います。
カメラは約1310万画素のアウトカメラと約500万画素の広角インカメラを搭載していますので、自撮りやグループショットなども綺麗に撮ることができるでしょう。
また、便利な機能として「エモパー」が搭載されています。
このエモパーは話しかけると答えてくれますし、話せば話すほど使用する人を理解する仕組みになっていますので、楽しみながら色々なことに役立つと思います。
こうした最新スマートフォンはおサイフケータイにも対応していますので便利ですね。

左右独立のフルワイヤレス・スポーツイヤホン「Jabra Elite Sport」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

GNネットコムジャパンは、左右が完全に独立したワイヤレス・スポーツイヤホン「Jabra Elite Sport」を2017年1月下旬に発売します。Bluetooth接続のイヤホンで、片耳、両耳のどちらのスタイルでも利用できるようになっています。スポーツイヤホンとして、精度90%以上という心拍計機能を内蔵しているほか、防水、防汗性能などに対応しています。アプリと連動して最大酸素摂取量などを測定でき、音声ガイドとあわせて先進的なフィットネスプログラムやリカバリープログラムなどを利用できます。アプリ「Jabra Sport Life」はAndroid、iOSに対応しています。音楽の再生時には、ボタンひとつで周囲の音を聞けるようにする「Hear Through」(ヒア スルー)機能を搭載し、スマートフォンと連携した通話にも対応していて、左右に搭載されたマイクを利用した雑音低減機能や、音声コントロール機能による着信応答などが可能となっています。防水性能はIP67に準拠しています。通常のメーカー保証は1年間で、発汗が原因の故障については、アプリからユーザー登録を行うことで2年の保証の延長(合計3年間)が可能になっています。内蔵バッテリーによる駆動時間は、最大約3時間で、充電ができるバッテリー内蔵型ポータブルケースがパッケージに同梱され、このケースでイヤホンを2回、満充電にできるようになっています。

SDカードの寿命 Android アプリ

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

SDカードで寿命を測ることができる Android アプリができました。ここでいう寿命は後で説明しますが、どのSDカードでも図ることができるわけではありません。測ることができるように設計されているSDカードのみです。測ることができる細工がされているSDカードは実は種類がそれなりにあるのですが、実は一般的な市場には出てきていません。特殊用途向けなどで使われているのです。しかし、業務向けでなくても使いたい一般的な人は多くいるはずです。たとえば、家で監視カメラを使っていていつ壊れるのか心配なので寿命を先に知りたいとか、ラズパイで24時間止めずに使っているので、壊れるのはいつかを知りたいなど、カメラでしか使ってない人ならば別でしょうが、特に長時間使っている人にとっては、欲しいと思っている場合が多いはずです。先に、TransferJetアプリの説明をしますと、Androidアプリで、4.1.X以降に対応しているのですが、On The Go (OTG)対応のスマートフォンのみとなっています。カードリーダは、市販のSanDiskのカードリーダーで、型番は特定の物だけとなっています。あとは、カードリーダと、スマートフォンを接続するためのOTG対応のUSBケーブルが必要となります。

ソフトバンクスマホで無料クーポンが楽しみ

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

ソフトバンクスマホと言えば、今無料クーポン配布されているという事も話題になっています。
ソフトバンクを利用していれば、みんなが貰えるようなクーポンになっています。
金曜日毎週のように送られてくるので、助かる方もたくさんいると思います。
先月のクーポンは吉野家という事もあり、金曜日になれば吉野家に行列ができていました。
なので、この無料クーポンの影響は大きいです。
今どこか他社に乗り換えを検討している方は、これは結構大きなポイントとなりそうです。
今月も無料クーポンの配布をされており、サーティワンのレギュラーシングルコーンが無料で食べれるようになっています。
このクーポンは、毎月と言う訳でなく毎週貰えるというのがすごい所です。
今では、実質0円もなかなかできなくなっている中で、このクーポン配布はちょっといい戦略だなと思いましたね。
やっぱり使用をしてお得だと思えるような携帯会社に乗り換えたくなるものです。
携帯会社がこういうサービスをスタートさせる事で、他社も色々とサービスが開始されそうですね。
来月の無料クーポンは、ミスタードーナツになっているので毎週こういった楽しみがあるのはすごくいい事だと感じます。

ドコモのおすすめスマホ「Nexus 5X」

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

ドコモから販売されているスマホはたくさんあります。
どのスマホも多くの人に使用されていますが、そのスマホの中に「Nexus 5X」というドコモのおすすめスマホがあります。
このドコモのおすすめスマホはLG製のAndroidスマートフォンですが、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力で販売されています。
円形のデザインは持ちやすくて良いですし、サイズは幅約73ミリ、高さ147ミリ、厚さ7.9ミリの重さは約136gですので持ち運びやすいですね。
ディスプレイは約5.2インチのフルHDですので大きくて綺麗な画面で楽しく使うことができるでしょう。
また、指紋などの汚れが付きにくくて、汚れに強い撥油性コーティングが施されています。
それと、高速充電に対応していますので、急いでいるときでもすぐに充電できるから便利ですね。
メインカメラは約1235万画素で4Kビデオにも対応していますので素晴らしいと思います。
カメラ機能ですごく良いと思うのは暗所撮影です。
部屋の電気がついていない状態でフラッシュを使用しなくても明るくて美しく撮影することができます。
ボディ背面には指紋センサーが付いていますので、スマートフォンを握った状態でアンロックができるから良いと思います。
こうしたドコモのおすすめスマホは特に初心者におすすめできると思います。

自分の月のデータ使用量と見比べてみて、契約内容を見直すのもいいかもしれません。

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

2016年9月にソフトバンクが月20GB/30GBのデータ通信が可能な大容量プランを発表しました。それを受けて、KDDI、NTTドコモも大容量プランに追随したのは記憶に新しいところです。そこで、各社の大容量プランの内容を見ていきましょう。KDDIと沖縄セルラー電話は、「電話カケ放題プラン(カケホ)」「電話カケ放題プラン S(スーパーカケホ)」用のデータ定額サービスに月額6000円の「データ定額20」と月額8000円の「データ定額30」を追加しました。容量、料金ともにソフトバンクと何ら変わっていません。KDDIの従来プランと異なるのは、家族間でデータ容量を贈れる「データギフト」に非対応なことと、「テザリングオプション」が2017年5月1日以降、月額1000円かかることです(4月末まで無料でした)。NTTドコモは、「カケホーダイ&パケあえる」向けのデータ定額プランに、大容量の「ウルトラパック」を追加しました。1人向けプランの「ウルトラデータLパック」(月額6000円、20GB)と「ウルトラデータLLパック」(月額8000円、30GB)はソフトバンク、auと横並びの容量、料金設定となっています。一方、家族向けプランの「ウルトラシェアパック50」(月額1万6000円、50GB)と「ウルトラシェアパック100」(月額2万5000円、100GB)も同時に提供されています。テザリングの利用料は2018年3月末まで無料ですが、それ以降は月額1000円となるようです。「ギガモンスター」「スーパーデジラ」「ウルトラパック」と3社から出そろった大容量プランですが、20GBプランと30GBプランに関しては各社足並みをそろえた形となりました。