総務省の施策、店頭の変化

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

ヨドバシカメラ 専務取締役 販売本部長の日野文彦氏は、「昨年は総務省の通信に対する施策が話題になりました。それ以降、ヨドバシカメラのお客様も、何が一番お得なのでしょうか?自分に合ったサービスやプランは何なのか? と、店頭・ネットを含めて話題になっている」「ここにきて(昨年の)総務省の一言で、ガチャガチャガチャと世間がなっている中、ユーザーにとっても我々にとっても良い方向にきている」と、店頭レベルで問い合わせが増えている様子や、MVNOや関連市場の拡大を商機と捉えている様子を語っています。「特に最近は、初めて携帯電話を使ってみようという方、ガラケーからスマートフォンに乗り換えてみようという方が非常に増えている。できる限り、分かりやすい言葉でお客様にサービスを提供していく。いろいろな仕掛けや、社員の教育も強化していく。より分かりやすく、安心、がキーワード」と日野氏は述べ、MVNOカウンターの拡大などで、積極的に対応を強化していく方針を打ち出しているのです。ヨドバシカメラ 通信サービス商品事業部長の松月俊雄氏は、マルチメディアAkibaにおけるMVNOカウンターのリニューアルについて、「昨年の12月ぐらいから、(MVNOカウンターに)非常に多く来ていただけるようになった。今年の2月には、(実質0円廃止で)販売方法が変わったこともあり、さらに増加していた。今までは奥の方にあったコーナーで、スペースが狭く分かりづらい場所だった。今回、ワイヤレスゲートの新ラインナップの発売ということもあり、入口に、しっかりと対応できる大きなコーナーを作った」と説明しています。
 

“ドコモスマホ 三年以上満足出来る “

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

ドコモスマホ、一体何を購入していいかということ迷っている人たちも結構多くいらっしゃるはずです。スマートフォンって、買って後悔すれば、すぐに買い換えしましょう。というものではありませんので、ドコモスマホを購入して、半年ていどは、満足していることが出来るかの判断をしなければならないです。

総務省の旗振りによって「一括0円端末」はおろか「実質0円スマートフォン」も激減し、高性能スマートフォンをお得に購入出来る時代も終了したようです。今後スマートフォンの決め手は、二年後を意識するのではなく、三年以上満足して使用することが出来るかです。

その時当然スマートフォン性能はということを注目して行くことになります。お手ごろ価格のスマートフォンならいい、お手ごろ価格でもそこそこの性能は持っているはずという甘い判断は危険です。

「iPhone 5s」。実際には、CPUなどの処理速度が5sに及ばない、新しいスマートフォンもどんどん登場して来ているのです。新しいからいいと思うのも間違いです。

スマホ「UPQ Phone A02」を発表

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

UPQ(アップキュー)が、SIMフリースマホの新製品「UPQ Phone A02」を発表しました。Android 6.0や5型のHD液晶を搭載しています。「UPQ Phone A01X」の新色も追加します。UPQ(アップキュー)は2月29日、SIMロックフリースマートフォンの新製品「UPQ Phone A02」を発表しました。価格は1万7500円(税別、以下同)で、2016年5月の発売を予定しています。UPQ Phone A02は、Android 6.0を搭載予定のLTE対応スマートフォンです。カラーはblue x greenとnavy & redの2色となっています。ディスプレイは5型のHD(720×1280ピクセル)で、800万画素カメラを搭載します。バッテリー容量は2000mAhです。4G/3G/GSM対応のmicroSIMスロットを2つ搭載していて、日本のSIMカードと海外のSIMカードを同時に挿して利用できます。LTEはBand 1(2100MHz)、3(1800MHz)、6(800MHz)、19(800MHz)、28(700MHz)をサポートしています。あわせて、ローエンドスマホ「UPQ Phone A01X」に新色の「NRホワイト」「NRブラック」を追加しました。いずれもUPQの第2弾製品群のテーマカラーである「navy & red」が使われています。既存製品と同じくビックカメラやヨドバシカメラで販売するとのことです。
UPQ、Android 6.0+5型HD液晶搭載のSIMフリー

格安スマホからプランを選ぶと好きなスマホやベストなプランを選べない

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

格安スマホは格安SIMとSIMフリーのスマートフォンをセットにしたプランです。楽天モバイルやDMM mobile、IIJmioなどのMVNOが格安スマホを販売していますが、全種類販売しているわけではありません。メジャーなSIMフリーのスマートフォンは10機種以上あるのですが、各MVNOではそのうち数機種のみを扱っているのが一般的なのです。もしMVNOで販売している格安スマホの中で気に入ったSIMフリーのスマートフォンがあっても、そのスマホにくっついている格安SIMのプランが割高だったり通信速度が遅かったりする場合もあります。SIMフリーのスマートフォンをAmazonや量販店で買えば、好きなスマートフォンを自由に選ぶことができます。スマホを購入した後に、格安SIMを申し込めば自分にとってベストな組み合わせにすることができるのです。多くの人がベストなプランを選べない理由として・・。正直いって、月額料金だけ安くして騙まし討ちするような格安スマホ(クソ端末&クズ速度)がたくさんあります。月額料金は安いけど、常識的に使えないプランがたくさんあるのです。格安スマホを選ぶときは、多くの人が月額料金を基準にプランを選んでいると思いますが、月額プランを基準にすると多くの場合でベストなプランを選べない結果になってしまいます。ひどい場合は、動きが鈍いスマホにクソのような速度しか出ない結果にもなりえるのです。

“音楽プレイヤーか スマホ 比較”

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

音楽についてスマホ比較しましょう。音楽を聞く機械は、もはやスマートフォンだけでなく、 「ラジカセ、CD・MDプレーヤー」「デジタルオーディオプレーヤー/ポータブル」「ミニコンポ」、更にパソコンなど一杯存在しているのです。

その中でスマートフォンを選択する人たちって、一体どんな人たちでしょうか。

スマートフォン依存で安心しきっている呑気な人たちかもしれません。

本当に、スマホに音楽まで頼るというのは、私達の現代社会において便利なことか考える必要ってあるのではないでしょうか。電車の中でスマホ音楽というのも便利かもしれません。しかし、スマホバッテリー問題は、しっかり考えているでしょうか。音楽を聞けば、その分バッテリーが減り、音楽プレイヤーなど考えると、全然バッテリーの持ちのいい商品が販売されていたりします。

電車の中で音楽を聞いている人たちは、大勢いますが、 一体音楽を聞いているのは、スマホか、音楽プレイヤーかどっちなのでしょう。

 

スマートフォンの二年縛りがなくなる!?今後の動きに注目!

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

携帯電話やスマートフォンを契約する際には、ずっと2年間の契約というのが基本でした。

この2年間の途中で解約をすると1万円近い違約金を払わなければなりません。違約金を払わなくていいのは更新月という短い期間だけで、それを過ぎるとまた2年間の自動更新です。

これに悩まされて、更新月を忘れないように気をつけている人も多いはずです。

さて、この2年縛りですが、2年を過ぎたらいつでも違約金なしで解約できる新料金プランの導入が6月からauとソフトバンクで始まるそうです。ドコモもいつからかはわかりませんが、見直しはけんとうしているそう。

ただし、月々の利用額は現状よりも月々の負担が増額する場合が多いようなので、どれくらい契約が伸びるかはまだわかないといったところです。

契約して格安SIMに乗り換えやすくなるというところもありますが、それならば、携帯を単体で手に入れた方がよっぽどいいです。

実際の詳細はまだわかりませんし、キャンペーンなども併用する可能性もあるので、なんとも言えませんが、こういった契約を望んでいた人にとっては嬉しお知らせと言えるのかもしれません。

今年はいろいろな変更がスマートフォンの契約や端末料金、月々の利用料などされています。

まだ始まったばかりなので、微妙な調整をしていきながらどこに落ち着くのか注目されるといった段階でしょう。

“スマホおすすめは、ARROWSシリーズ “

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

スマホおすすめは。ARROWSも評判のスマートフォンです。私はARROWS!と自信を持っている人たちが結構多いです。なんで、ARROWSは、そんなに自信満々な程凄いのでしょうか。

ARROWSは、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線と指紋認証など機能が豊富で凄いと言いますが、そんなのは、ARROWSでなくても他のAndroidでも期待出来る問題ではないでしょうか。しかし、ARROWSスマホが凄いのは、これだけいろいろな機能が搭載されていると言うのに、軽い!ということらしいです。

ARROWSは、軽くて、全然中に機能が搭載されていないでのはないかと私達を不安にさせてしまうのかもしれませんが、いい意味での裏切りです。

ARROWSは軽いから、何処へでも連れて行ってやろうという気持ちにもなることが出来ます。海でも山でも何処へでも。ARROWSシリーズって、最初ARROWSなら、次もARROWSで満足仕切っている人たちが多いと言います。

ZenFone Zoom インテル® Atom™ プロセッサー Z3590(クアッドコアスマホ CPU)

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

ZenFone Zoom (ZX551ML)は、スマホCPU インテル® Atom™ プロセッサー Z3590(クアッドコアCPU)
インテル® Atom™ プロセッサー Z3580(クアッドコアCPU)メモリ4GB LPDDR3 RAM、
背面:1,300万画素
光学3倍ズーム対応のスマートフォンです。

メモリ(RAM)を4ギガを積んでいると言うのもなかなか凄いことだと思いませんか?

ZenFone Zoom(ZX551ML)が現在密かに人気なのです。ZenFone Zoom(ZX551ML)のカメラの実力って実際にはどうなのでしょうか。光学3倍ズームにどよめく人たちもいるようですが。光学ズームがある点は素直に便利です。

ただし、ZenFone Zoomスマホのカメラで一番気になる部分はシャッターボタンおよび画面のシャッターアイコンをタッチして、 実際の撮影が始まるまで「タイムラグ」があると指摘をする人たちがいるということです。撮影は、やっぱりストレスなどあってはならないのですが。

残量90%で充電すべきか

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

残量90%で充電すべきか スマホ 電池長寿化の知恵。スマートフォン(スマホ)やタブレット、ノートパソコンといった携帯端末はバッテリーで駆動します。外出先でバッテリーの残量がなくなって困ったことや、バッテリー切れにならないかヒヤヒヤした経験を持つ人も多いことでしょう。携帯端末はバッテリーが切れてしまったら“ただの箱”に成り下がってしまいます。それでは、バッテリーを長時間持たせるにはどうしたらよいのでしょうか。へたらない使い方はあるのでしょうか。バッテリーにまつわる数々の疑問にお答えします。日経パソコン誌は、読者に対してバッテリーに関するアンケート調査を実施して、573の回答を得ました。その中で、バッテリーについて困っていることがあるかを尋ねたところ、「困っていることはない」とした人が、ノートパソコン利用者の52%、スマホとタブレット利用者が49%と約半数だったのです。一方、バッテリーに関して困ることとして「同じ使い方をしているのに、駆動時間が短くなってきている」と回答した人が、ノートパソコン利用者の36%、スマホやタブレット利用者の34%と3分の1強に達したのです。駆動時間の長さは、バッテリー駆動の機器にとって大きな問題といえるのです。

Y!mobileにiPhone 5s

Posted by | | Categories: 未分類 | No Comments

3月4日にはY!mobileの新機種として、アップルが2013年に発表した「iPhone 5s」が販売されます。Y!mobileではシルバーとスペースグレイの2色で、16GBモデルと32GBモデルを取り扱うようになります。16GBモデルの価格(金額はすべて税込)は6万3504円(分割では2646円×24回)。通信料からの割引される月額割引は、スマホプランSでは1566円×24回(総額3万9150円)、スマホプランMでは2106円×24回(5万544円)、スマホプランLでは2646円×24回(6万3504円)となります。32GBモデルは6万9984円(2916円×24回)。スマホプランSでは1566円×24回(総額3万9150円)、スマホプランMでは2106円×24回(5万544円)、スマホプランLでは2916円×24回(6万9984円)となるのです。Y!mobileのネットワークでSIMロックがかかってるので、SIMロック解除は対象外となっている。発売時には、シルバーの16GBモデルと、スペースグレイの32GBモデルのみを販売するとのことです。人気のiPhoneがY!mobileでも利用できるようになるのはかなりのニュースなのですが親会社がソフトバンクと考えればそれも有りかなという印象ですね。いずれにしても大型化しているiPhoneに5sの大きさは貴重といえるかもしれません。